2017-10

スポンサーサイト

--------

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラシャたん、完成。

2005-09-11

Category :ガラシャたん??

ひろぷぅです。

しつこくやってます。
ひろぷぅの故郷京都府長岡京市萌えキャラを勝手に作ろう計画。

前回はとりあえずアイディア出し?から下書きあたりまで。

イメージキャラってどちらかというと びんちょうタンみたいに
簡素な線でちんまりなキャラのほうがまだ一般ウケはしますよねえ。
どうせ描くならそんな感じで少し実用性のあるほうがいい気がしますが。でも万人ウケするキャラを作るスキルなんて持ってませんし。

で。
前回の下絵を修正しつつペン入れ。
gara00.gif


十字架も一緒にペン入れたけど あんまりキレイに描けないので
削除してPC上で描いた。
誰かネットで十字架でスミか単色で十字架の画像アップしてたら
コッソリ頂いちゃおう!とか思って探していましたが。
なかった。数時間探して。
きっとその時間の間に十字架10個ぐらい描けたよ・・・

gara00j.gif


色きめ。
コレが一番悩む。色あわせがヘタなんですよねえ。
ガラシャたんの服決めてからずっと黒い服のイメージがあって。
ゴスロリ意識したせいですね~。
イメージキャラが黒、ってのもね、どうかと。
で、赤。
ゴスロリ服へのイメージが強いですよね。今こうして文章打ちながら考えなおすと 例えば長岡京の竹林のイメージで緑の服にするとか。

アタマ 堅いよなあ・・・オレ。PQ値低いもんねえ。

gara01.jpg


かなりハデめに。
もう着物だかなんだかわからなく。

もうメンドウだからこれで完成にしようかとも思ったけど。
いや、メンドウでも入れないといけませんよね。
長岡京の市花 キリシマツツジ

とにかくネットでツツジの写真集めて。
写真見ながら描いてみる。
一番いいのは 後々使いまわしできるようにカットイラストみたいに
POPにデザイン化した絵に出来るといいんですけどね。
でもイメージが出てこなくて。
適当に描くことに。
tutuji.jpg


キリシマツツジはたぶん上に向かって枝を伸ばすので
このイラストみたいに枝が下に垂れるというのは変で。
花の根元の額ももう適当というか想像。花の枝へのつき方も適当。
葉っぱも適当。
まあ、どうせ縮小しまくるので。

で、花貼り付けて完成。

クリックで完成絵

↑(イラストクリック)

そうそう。
着物が真っ赤だと襦袢に見えるよね。
つまり下着!?で歩く娘・・・。ん~ もう全然悲劇の姫じゃなくなって
しまいますねえ。

前の絵で着物にハイライトがあったのですが
花の絵のジャマになるので取りました。花は着物になじむように
ちょっとレイヤー処理とかかけて。

先に言ってたみたいに、緑の服がいい?とか
もうちょっとシンプル服でもいいかな?とか思うところもあり。

いつになるか知れませんが
次回に続く。

Tシャツにプリントして街を歩く勇者募集(笑)
画素数の高い画像とロゴを送ります。
で、そのシャツで市役所とか観光案内所行ってください。
自分はしないけど。
しろよ。
しよっか!?
え~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

* comment *

そういう意見じゃない?

見た。
個人的趣味で言うと、胸元がリボンで隠れているより、着物の胸元が見ていて、さらに襟からレースが出ているほうが良いと思うけど。(実際最近流行ってるのよ、着物の襟からレース出すの)
リボンは後ろか、小さくして十字架とセットでペンダントだなー。

ねえ、出してみたら?長岡市役所に。お願いっ♪

OKっすヨ

う~ん、なるほど~。
女性的な意見サンクス~。ふ~~ん流行ってる・・?それは浴衣じゃなくて?リボンの大きさは微妙だな~。
自分では大きい方が好きなんですが・・・

市役所に提出は・・・ナシの方向で。ってかキミらが長岡京に住めなくなるよ?w

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hakufukan.blog4.fc2.com/tb.php/121-a65deb4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガラシャたん、さらに。 *TOP* アレが・・・

プロフィール

ひろぷぅ

  • Author:ひろぷぅ
  • 「博風館」館主。萌え絵師を目指す。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。